湯楽会

草津温泉旅行

  • 再生回数:109

2019年 11月 14日

草津温泉旅行

湯楽会幹事 牛島康行

 

紅葉の季節、119日(土)~10日(日)で湯楽会、草津温泉旅行を実施しました。

参加者は全部で5名(敬称略:鈴木一嘉、高橋孝志、大汐義光、河合基吉、牛島康行)でした。

 

 

当日は松戸駅に午前815分に集合、温泉直行の専用観光バスに乗り込みました。途中あの「八ツ場(やんば)ダム」を見下ろす道路を通りましたが、水量は七分目くらいでした。午後2時過ぎに目的地「ホテルおおるり」に到着しましたが、草津ではすでに紅葉が始まっています。

チェックイン後、早速、徒歩5分の「湯畑」と「西の河原公園」を散策しました。

 

超有名な「湯畑」は岡本太郎氏が「ひょうたん型」に作成したとの記念碑が有り、驚きました。
 

 

1時間程して、ホテルに戻り、大浴場の温泉にゆっくり入り、身体を休ませました。

午後5時30分からバイキング形式の夕食、まずビールで乾杯。料理の質、量とも値段相応で満足のいくものでした。

2次会は部屋で河合さん持参の黒霧島の焼酎水割りで大いに盛り上がりました。

翌朝は5時に起床(年を取ると朝が早い!)、昨日の大浴場とは別の檜風呂の温泉にゆっくり入りました。泉質、湯量とも申し分ありません。

730分からの朝食もバイキング、我々は朝早いのは苦になりませんでしたが、人によっては「早すぎるだろ」の声が聞こえそう。

930分にチェックアウトし「湯畑」、「地蔵の湯」、「片岡鶴太郎の美術館」等を散策しました。

草津の午前の外気温は7度、標高は1100メートルありますから無理もありません。

昼食は草津温泉で最も人気のある「生そば柏香亭」で食べましたが、もりそばが大変美味で30分並んだ甲斐がありました。

帰りのバスは2時半スタート、途中渋滞にひっかかり松戸駅には午後7時半前に到着。

ゆったり、のんびりのバス旅行もたまにはいいものですね。

来年度の湯楽会は「鬼怒川温泉」を予定しています。

稲門会の皆さんの多数の参加をお願いします。

1973年 法卒 牛島康行

  以   上